リアル留学生のご飯と日常 now in マレーシア!

留学中の出来事、情報、ご飯など幅広く配信!

マレーシア大学留学と学生ビザ(Student Pass)

こんにちは!

現在自宅隔離期間も終わり、やっと散歩の外出もできるようになったMayuです!

 

このブログでは、今回の日本への帰国に遭遇したビザの問題について書いていこうと思います!!

その前に、マレーシアの学生ビザの詳しい申請情報のまとめからです。

 

 

 

マレーシアの学生ビザ

マレーシアの学生ビザは申請から受け取りまでかなり複雑で時間がかかるプロセスで情報もあまりないです。

しかも、オンラインで申請が不可能で、必ず大学を通しての申請になります。

そのため、マレーシア留学に関しては入学までは大手のエージェントを使うことをお勧めします。私は何かあった時のトラブル対策、保険として大学とビジネスの繋がりが太い大手エージェントを利用しました。正直、現地サポートプランを取らない場合は総合的にみて値段は高くないです。志望校相談は無料、願書、入学手続き代行で約15万円程度でした。

個人ですべて行うには少しキツイ部分があり、リスクが大きいと正直思います....

 

 

・出国前  ーシングルエントリービザ/Single Entry Visaー

 

  1. 「オファーレター/Offer Letterを貰う」
  2. 「オファー/Offerをアセプト/Acceptする」
  3. 「シングルエントリービザを在日マレーシア大使館(東京)まで出向き申請そして必要書類書類にパスポートを提出」
  4. 「翌日大使館にてシングルエントリービザがパスポートに付与されていることを確認・受け取り」
  5. 「出国」

 

 

「各種ワクチン摂取(任意)」「所定のクリニック/病院にて健康診断(必須)」

*ワクチンに関しては強制ではないですが、「マレーシア 渡航前 推奨ワクチン」などで調べると各種摂取しておいた方が良いワクチンリストがヒットします。東南アジア・発展途国への長期滞在なので必ず予防接種は受けておくことを強くお勧めします。

*値段はかなりかかりますが、打っておいて損はないです。

*健康診断はシングルエントリービザ及びに学生ビザ申請に必須です。確か、私が受けた時は3万円程度だったと思います。(東京)

 

*在日マレーシア大使館は東京にしかないので、関東圏以外地方在住の方はエージェントに代理/代行を頼むか、東京まで来て最低でも2日は滞在となります。

(コロナ渦で事情が変わっているかもしれないので要注意です!)

 

 

・入国後 ー学生ビザ/Student Passー

 

  1. 「空港・入国審査にてシングルエントリービザの確認(オファーレターやビザ関連の大学から受け取っている必要重要書類携帯必須 e.g. VAL)」
  2. 大学のインターナショナルオフィスへ出向きStudent Passを申請準備」
  3. 「クリニック/病院にてメディカルチェック」
  4. 「約1~2ヵ月程度ビザの発行/パスポートへの付与を待つ」
  5. 「EMGSのウェブサイトから申請状況の確認可能。大学からのパスポートコレクト/学生ビザ申請完了の連絡」
  6. 「大学のインターナショナルオフィスにてビザが付与されていることを確認、iKadと一緒に本人へ返却。パスポートのCertified Copyにサインし返却」
  7. 「1年間有効の学生ビザ/Student Permit取得完了」

 

 

*Sunway University又はSunway Collegeの場合:

3番目のメディカルチェックでは大学指定のクリニックに行くことになります。この際の予約は学生ビザ申請の時に予約をインターナショナルオフィスでします。予約日には何時にインターナショナルオフィスへ集合と伝えられるので、そこからマイクロバスへ乗りクリニックまで移動します。その日の予約人数にもよりますが、クリニックには他の大学の生徒もいるのでかなり時間がかかります。尿検査ではかなりの尿を採取するので水分をたっぷりと取っておくか飲み物を持参することをお勧めします。あと、トイレにペーパーが備え付けられておらず、衛生的とは言えない環境だったので、ポケットティッシュに運動靴が無難です。

このメディカルチェックでは、日本で行う健康診断と同じです。

ここで要注意!

日本では合法でも、マレーシアでは薬事法に触れてしまう薬や成分があります。そのため、薬の服用は2週間程度中止してください。日本の場合はもし服用していたとしても、基本的に引っかかることはないと言われていますが万が一のためにも服用はしない方が得策です。留学生でかなり前に服用した咳止めシロップの成分が尿検査で検出され、それがマレーシアでは違法だったため強制送還になった話や、大麻合法地域からの留学生で大麻成分が検出され強制送還になったと聞きました。マレーシアでの薬物所持・持ち込みは極刑が課せられます。

(尿検査があるので、女性は生理の場合予約をずらすので正直に担当者に申し出てくださいね)

 

 

・9ヶ月後 ー学生ビザ更新希望の場合/Extend Student Passー

 

  1. 「ビザ失効期限3ヶ月前から更新準備可能」
  2. 「更新必要書類:Attendance Letter (with GPA&CGPA), ID Photo×2, 更新申請書への学部長からのサインをインターナショナルオフィスへ提出
  3. 「ビザ失効1ヶ月にインターナショナルオフィスへパスポート原本を提出。パスポートのCertified Copyをもらう」
  4. 「約1ヶ月パスポートへ新しいビザが貼られるのを待つ」
  5. 「EMGSウェブサイトで更新状況の確認可能。大学からのパスポートコレクト/ビザ更新完了の知らせを受け取る」
  6. 「新しいビザがパスポートへ付与されていることを確認、新しいiKadとともに受け取る。パスポートのCertified Copyにサインし返却
  7. 「1年間有効の学生ビザ/Student Permit再取得完了」

 

 

*マレーシアの学生ビザは1年毎の更新になります。その時の残りのセメスター状況によってビザの有効期限が決まりますが、何も問題がなければ1年間有効のものへの申請となります。

*更新の際の合計金額は国別で異なります。日本国籍者はRM258.40+デポジットでRM200払います。

*必ず更新はビザ失効1ヶ月前までにしてください。

*GPAが2.0以下とAttendance Rateが80%以下、もしくは両方の場合Explanation Letterと学部長による手紙が必要となり、ビザが降りるまで時間がかかります。注意事項として、最悪の場合学生ビザの更新申請が却下されることがあります。

*現在のマレーシアの移民局はロックダウンの影響でしまっているため通常のビザ取得までの期間とは大幅な遅れが生じています。友人は10月に申請、1月現在にもまだビザの更新が完了しておらずパスポートの返却されていません。

 

*Sunway University又はSunway Collegeの場合:

ビザ更新の際の費用は大学のFinancial Officeでは支払い不可です。Maybank へ直接出向き支払いの場合は現金のみの受付もしくはアプリ内のマネートランスファーも可。

ビザ更新時にはAIGの保険料RM650を強制的に払わされます。こちらの保険内容は特に説明もなく勝手に最初の学生ビザから加入されている形です。基本的にこの保険は十分なカバー内容ではないので大多数の留学生は別に正規の保険をかけています。(私も別の留学保険をもともとかけているので、学校の保険についてはどのみち払わせられるのでノータッチです。)

また、ビザに関する問い合わせはインターナショナルオフィスのビザ担当チームへ相談可能。

 

 

 

・学部変更 ー同大学内での学部トランスファーの際の学生ビザ申請ー

 

  1. 「新しい希望先学部からオファー/Offerをもらいアセプト/Acceptし、オファーレター/Offer Letterを発行してもらう」
  2. 「Explanation Letterを移民局宛に書く」
  3. 「インターナショナルオフィスで現在の学部発行学生ビザを取り消し、スペシャルビザ発行依頼、新しい学部での学生ビザ申請の書類、申請用紙とパスポート原本を提出。パスポートのCertified Copyを受け取る」
  4. スペシャルパス及び別学部用新規学生ビザの申請費用の支払い」
  5. 「約2ヶ月新規学生ビザ完了を待つ」
  6. 「EMGSウェブサイトより進行状況の確認可能。大学からのパスポートコレクト/ビザ更新完了の知らせを受け取る」
  7. 「新しいビザがパスポートへ付与されていることを確認、新しいiKadとともに受け取る。パスポートのCertified Copyにサインし返却」
  8. トランスファー先の学部用1年間有効の新規学生ビザ取得完了」

 

 

学部変更では新規学生ビザの申請を行う必要があります学生ビザは各在籍学部でビザが発行されているので、トランスファーの際は一旦持っているビザをキャンセルします。

*学部変更の時は必ずAcademic Advisor とインターナショナルオフィスの留学生担当の方にアポイントメントをとり、相談しましょう。

*学部変更希望先の学部からオファーが貰えない場合は他大学へトランスファーか在籍中の学部へそのまま残るという選択肢になります。

*イギリス式教育システムを採用しているマレーシアでは学部変更をした場合、現在籍中の学部での単位が消失するおそれがあります。また、一年生の最初からやり直しの可能性もあるので、よく考え、担当に相談することが必要です。

*学部変更時のビザ申請費用は合計で私の時は日本円で合計約8万円くらいだったと記憶しています。

 

 

・大学変更

大学変更に関しては経験がないので、詳しいことはわからないため省きたいと思ます。ただ、聞いた話によるとトランスファー先の大学からオファーレターが出ていれば変更可能なそうです。その際は学部変更と同様な手順らしいのですが、細かい手順は大学のビザ担当チームへ相談することが無難だと思われます。

 

 

このような形でマレーシアの学生ビザの申請プロセスが進んでいきます。オファーレターさえ出ていれば入国まではいたって順調に進むのですが、現地入りしてからがややこしいです。また、マレーシアの学生ビザに関して急に制度などが変わることも珍しくないのでエージェントや大学の留学生担当と密にコミュニケーションを取ることが大事です。

 

学生ビザのプロセスを体験談からまとめてみたので、マレーシア留学希望の方へ少しでもお役に立てたら嬉しいです!!

 

Mayu

 

DMでも留学相談などいつでも質問してください!

Twitter: @ryugakugohan

Instagram: @ryugaku.gohan

クリックでサポートお願いします^^
↓↓↓ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アジア)へ
にほんブログ村